病院紹介病院概要

病院概要

病床数 199床(一般病棟146床、療養型病床53床)
病棟 一般:外科系2病棟、内科系1病棟/療養:1病棟
看護体制 一般(看護10:1)/療養型(看護20:1、看護補助20:1)

病棟案内図はこちら

鎗田病院の理念

当院の存在意義

  1. 「医学は科学」であるという姿勢で研修に努めます。「医療に技術」は不可欠です。
    技術の修練と新しいチャレンジを続けます。
    「心の通った人間関係」を大切に全力で日々の業務に取り組みます。
  2. 地域に根ざし、地域の役に立つ病院を目指しています。
  3. 病気に立ち向かう患者さんや、家族の方々から一番頼りになる仲間として認められるよう努力しています。

鎗田病院方針 そのために・・・

  1. 職員はそれぞれ、プロとしての自覚を持ち、常に知識、技術の研鑽に努めること。
  2. この患者さんのために、自分は何をすべきかを常に考えて行動すること。
  3. 患者さんやご家族に正確な情報を提供し、意思を尊重して治療に取り組むこと。

職業倫理網領

私たち医療法人鎗田病院職員は、医療に携わる職業人としての職責の重大性を認識し、当院の理念・基本方針などに基づき、下記のとおり職業倫理を定めます。

  1. 医療を受ける患者さんの人格など人間としての尊厳を尊重し、患者さんの立場に立って心温かく接するとともに、医療内容やその他必要な事項について十分に説明し、信頼を得るよう努めます。
  2. 医療を受ける患者さんのプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
  3. 医療サービスの質の向上を図るため、改善意識と目標意識を持ち、知識と技術の研鑽に努めます。
  4. 良質な医療を維持するため医療従事者としての相互の立場を尊重し、良好な協力関係のもと、患者さんの医療に尽くします。
  5. 医療の公共性を重んじ、医療を通じて地域社会の発展に尽くすとともに、関係法令を遵守します。

鎗田病院の歩み

医学は科学、人と人との心の触れ合いを大切にした医の心、どちらが欠けても病院は成り立ちません。
私たち、鎗田病院は、この両者をより高い次元で融合させることを目標とし、地域に密着した総合的な医療を行い、また、特に消化器・呼吸器疾患の診断と治療では常に先進的な取り組みを行ってまいりました。
その半世紀のあゆみをご紹介します。

昭和22年9月 医師鎗田衝平が五井町十四軒にて鎗田内科医院を開業
鎗田衡平は、千葉大学第二内科で医師、研究者、教育者として将来を大きく期待されておりましたが、旧五井町の方々の強い要請により、長年の恩義に報いるべく当地にて開業するに至りました。
 
昭和26年6月 現住所に移転 6床
昭和30年 医療法人となる(結核病棟27床、一般病棟6床) 33床
昭和55年 本館完成
衡平と、千葉大学及び米国で癌の先進的な研究を行っていた長男努、順天堂大学内科で癌の早期診断に取り組んでいた三男正の3人は地元市原市に、内科・外科一般及び呼吸器・消化器疾患(特に胃癌、大腸癌、肺癌)ではどこにも負けない病院を作りたいと考え、新たなスタートを切りました。
133床
昭和62年 新館B棟完成 鎗田努 院長になる
医学、医療に対して同じ考えを持つ、消化器手術で有名な塚本総一郎医師が参加し、胃、肝、膵、胆のう等の手術を充実しました。
151床
平成11年 新館C棟完成
消化器外科、特に食道癌手術では第一人者である小出義雄医師が参加し、さらに消化器手術を充実しました。
199床
平成14年 病院機能評価認定取得 予防医学にも力を入れるため検診棟完成  
平成16年 療養環境改善のため減床(一般199床から181床へ) 181床
平成17年 検査・健診棟及び新館B棟の増改築を行い、診察・療養環境改善をいたしました。  
平成19年 画像診断システム稼働 病院機能評価認定更新  
平成21年 オーダーリングシステム稼働  
平成23年
呼吸器外科の第一人者で、特に肺癌の難易度の高い手術を手掛けるなど、有名な山川久美医師が参加し、肺癌術数は格段に増しました。
 
平成23年7月 介護老人保健施設 アーネスト 開所  
平成26年 199床へ増床 199床
平成27年 新病棟完成/電子カルテ稼働
地域包括ケア病床開設
平成28年 MRI導入
千葉大、帝京大、東邦大、東京医大、地域の医師達との密接な連携により高度な医療の実践に取り組んでおります。

入院基本料等について

当院では、入院基本料及び入院時食事療養特別管理等の基準を下記のとおり取得しておりますので
ご案内いたします。

  1. 外科・内科病棟では、1日に、24人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と、10人以上の看護補助者が勤務しています。(一般病棟入院基本料10:1)
  2. 療養病棟は、1日に5人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と、5人以上の看護補助者が勤務しています。(療養病棟入院基本料)
  3. 当院では、管理栄養士により管理された食事を、夕食は午後6時、朝食は午前8時、昼食は正午に、適温にして提供しております。
    (入院時食事療養(1))
  4. 当院では、患者さんの負担による付き添い看護は行っておりません。
  5. 看護必要度加算
  6. 診療録管理体制加算
  7. 医師事務作業補助体制加算
  8. 急性期看護補助体制加算
  9. 療養病棟療養環境加算
  10. 感染防止対策加算
  11. 患者サポート充実加算
  12. 退院調整加算
  13. 救急搬送患者地域連携受入加算
  14. 総合評価加算
  15. 後発医薬品使用体制加算
  16. データ提出加算
  17. 地域包括ケア入院医療管理料
  18. がん性疼痛緩和指導管理料
  19. 外来リハビリテーション診療料
  20. 肝炎インターフェロン治療計画料
  21. 薬剤管理指導料
  22. 在宅療養支援病院
  23. 在宅時医学総合管理料及び特定施設入居時等医学総合管理料
  24. 在宅がん医療総合診療料
  25. 検体検査管理加算
  26. 時間内歩行試験
  27. センチネルリンパ節生検(乳がんに係るものに限る。)
  28. CT撮影及びMRI撮影
  29. 外来化学療法加算
  30. 無菌製剤処理料
  31. 脳血管疾患等リハビリテーション料
  32. 運動器リハビリテーション料
  33. 呼吸器リハビリテーション料
  34. 乳がんセンチネルリンパ節加算1、乳がんセンチネルリンパ節加算2
  35. 肺悪性腫瘍手術(側壁・臓側胸膜全切除(横隔膜、心膜合併切除を伴うもの)に限る)
  36. ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  37. 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  38. 胃瘻造設術・胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  39. 麻酔管理料

文書料の取扱いについて

当院におきましては、主たる文書料を下記のとおり取り決めております。なお、この他、特殊な文書料や証明書については、医事課受付窓口にお問い合わせください。

  1. 入院証明書       1通 5,400円
  2. 診 断 書       1通 2,160円~3,240円
  3. 交通事故診断書     1通 5,400円

入院時食事療養費の患者標準負担額

一般・老人(住民税課税世帯) 260円/食
低所得者Ⅱ
(住民税非課税世帯)
過去12ヶ月の入院期間が90日以内 210円/食
過去12ヶ月の入院期間が90日超(長期該当者) 160円/食
低所得者Ⅰ・老齢年金福祉受給者(住民税非課税世帯) 100円/食

保険外負担の取扱いについて

入院中であっても、家庭内においても日常生活上の利便となる、下記の物については、保険適用外であり、自己負担となります。

Ⅰ.売店扱い

テレビ 800分 1,000円
冷蔵ロッカー 1日 100円
バスタオル(リース) 1枚 150円
フェイスタオル(リース) 1枚 100円
おむつ 1枚 100~250円(種類により異なります)
その他    

Ⅱ.病院窓口扱い

病衣 1日 50円

個室等の利用料金の取り扱いについて

入院される方のご希望に応じて下記の個室のご利用が可能です。

診療科 区分 部屋番号 利用料金(1日)
外科 1人部屋 218・220 8,640
221 8,100
215 7,560
200・207・208・210・211 5,400
212・213 4,320
内科 1人部屋 322・323・325 8,640
300・307・308・310・311 5,400
312・313・315・316・317・318 4,320
3人部屋 321 2,160
療養 1人部屋 367・368 7,560
508 6,480
355・356 5,940
357・502・506・507・510 5,400
350・351・352 4,860
503 3,240
3人部屋 505 2,160
地域包括 1人部屋 268・270 7,560
257・263・265 5,400
255・256 5,940
250・251・252 4,860

平成28年5月2日 現在

予防接種等の料金

(予防接種)

  1. インフルエンザ         3,200円
  2. 破傷風             2,300円
  3. おたふく            5,000円
  4. 水痘              7,000円
  5. 肺炎球菌(ニューモバックス)  6,600円
  6. 肺炎球菌(小児)        9,400円
  7. 風疹              4,700円
  8. 麻疹              4,700円
  9. ツベルクリン          2,600円
  10. BCG             5,300円
  11. コレラ             5,300円
  12. A型肝炎            7,000円
  13. B型肝炎 大人    5,200円
  14. B型肝炎 子供    4,700円
  15. 三種混合            4,800円
  16. 二種混合            4,200円
  17. 日本脳炎            5,500円
  18. 麻疹・風疹混合ワクチン     8,000円
  19. 狂犬病             13,000円
  20. HiB(インフルエンザ菌b型)ワクチン   7,300円
  21. ロタウイルス          12,000円

(健診・検査)

  1. 乳児健診            4,320円
  2. 血液型             2,700円
  3. 妊娠反応            3,780円
  4. ノロウイルス          3,910円
その他ご不明な点は窓口にお問い合わせ下さい。

180日を超えて入院している方に自己負担いただく特別料金

  1. 対象となる方
    医師の判断により退院を許可されていても、自己の選択により180日を超えて入院されている方
  2. 金額
    一般病棟入院基本料10:1適用の方
    1日について、2,160円

医科点数表等に規定する回数を超えて診療を受けられた方に負担していただく特別料金

  1. 脳血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)1単位あたり2,450円
  2. 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)1単位あたり1,800円
  3. 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)1単位あたり1,750円

入院相談料の取り扱いについて

ご家族による入院相談 1回につき3,000円~

平成26年10月1日