部門紹介検査科

理念

  1. 医療チームの一員としての自覚を持ち、必要な情報を出来るだけ迅速かつ正確に提供します。
  2. より専門化し、日々変遷する医療の中で常に第一線で働く向上心を持ち、技術と知識の研鑚に努めます。
  3. 患者さんの人格、立場を尊重し、安心と信頼される検査をいたします。

臨床検査とは・・・

臨床検査は患者さんから採取される検体(血液・尿・便・胸水・腹水・痰等)の成分を測定する検体検査と心電図や超音波検査等の直接患者さんに触れて行う生理検査が主な業務になります。

検体検査部門

至急の場合は検体採取から1時間前後で結果報告しています。糖尿病外来等の予約外来では、診察前に採血し、診察時には検査結果が報告されています。

生化学検査 肝機能・腎機能・脂質代謝・糖代謝・電解質検査等を行います。
免疫・血清学検査 B型肝炎・C型肝炎・HIV・梅毒等の感染症検査、腫瘍マーカー、甲状腺機能検査、心機能検査等を行います。
血ガス検査 血液中の酸素や二酸化炭素の量を検査します。
血液学検査 血液中の赤血球・白血球・ヘモグロビン・血小板の測定や、顕微鏡で細胞形態を検査します。
貧血や炎症、血液疾患等がわかります。
凝固検査 血液が固まる機能を調べます。
出血性疾患・血栓性疾患等がわかります。
一般検査 尿中の蛋白・糖・潜血の有無や、顕微鏡で細胞形態を検査します。
便潜血検査を行います。
輸血検査 安全な輸血ができる様、血液型検査や血液中に特殊な抗体が存在しないかを確認する不規則抗体スクリーニング検査、輸血する血液と患者さんの血液の適合性を調べる交差適合試験を行っています。
病理検査 手術や内視鏡検査(胃・大腸・気管支)で採取された臓器組織の検査で、病理医が顕微鏡を用いて詳しい診断を行います。
病気の診断やその病因、病気の進展等を究明します。
細胞診検査 喀痰・胸水・腹水・尿等より採取した細胞を顕微鏡で調べます。
主に癌細胞が含まれているか判定します。
現在、日本臨床細胞学会が認定した細胞診専門医2名、細胞検査士2名が在籍しています。

生理機能検査部門

心電図検査 脈の速さ、リズム、波形を記録します。不整脈、狭心症、心筋梗塞、心肥大等がわかります。
ホルター心電図検査
(※予約検査です)
携帯型の心電計を取りつけながら日常生活を送っていただき24時間連続して心電図を記録して調べます。
肺機能検査 肺活量や肺の換気能力を調べます。
喘息、肺線維症、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患(COPD)等がわかります。
血圧脈波検査 動脈硬化の度合いを調べます。血管の硬さやつまりがわかります。
SAS(睡眠時無呼吸症候群)検査
(※予約検査です)
夜間の睡眠状態、呼吸状態、血中の酸素濃度等の項目を様々なセンサーを取りつけて調べます。
簡易型と1泊入院(個室)をして行う検査があります。
超音波検査
(※予約検査です)
肝、胆、膵、脾、腎、前立腺、乳腺、甲状腺、心臓等の形態的変化や腫瘍の有無、心臓の動き等を観察します。
消化器領域3名
循環器領域・表在領域・健診領域2名
の超音波認定技師が在籍しています。