部門紹介薬剤科

私たち薬剤科では、主に入院患者さんの薬物治療全般に携わっています。
医師や他の職種と協力し、チーム医療の一端を担っています。
いくつかの業務について紹介します。

薬剤科理念

  • 医療チームの一員として積極的に業務を行います。
  • 薬の専門家として、安全かつ効果的な薬物治療を施します。
  • 患者さんに信頼され、満足されるような薬剤指導を行います。
  • 患者さんのために薬剤業務全般に渡って研究・研鑽を怠らず、業務の向上に努めます。

調剤業務 (内服薬 注射剤)

内服調剤

処方箋に基づき薬の調剤を行います。調剤では薬を正確に取りそろえるだけではなく、患者さんの年齢や体重、内臓機能の状況などに応じて、薬の内容や量が適切かどうかを判断します。また薬同士の相互作用の確認、患者さんのアレルギー歴の情報も確認しながら行います。
患者さんが飲み忘れや飲み間違いをしないように、患者さん自身やご家族とも話あい、必要・希望に応じて一包化調剤、シート調剤など個々の患者さんに合わせた調剤を行います。
また調剤ミスを防ぐために錠剤自動分包機や散薬ではバーコードによる確認機能、自動的に秤量内容が記載される散剤秤量監査システムを導入しています。

注射調剤

注射箋に基づき注射薬・輸液を患者さんごとに取り揃えて病棟へと払い出しています。
注射調剤も内服調剤と同様に患者さんの個々の状況 (体重、年齢など) に応じて薬の内容や量が適切かどうか判断します。それに加えて注射薬は複数の薬剤を混合して投与することが多く、注射薬同士の配合が可能かどうかをチェックします。また点滴速度や投与経路のチェックも欠かせません。

抗がん剤の混注

抗がん剤への曝露は、病院スタッフや患者さんの付き添いの方への健康被害を発症する恐れがあります。
そのため、抗がん剤を調整する際は室内や周りの環境への汚染を防ぐ必要があります。
当院では全ての抗がん剤の調整を薬剤科に設置してある安全キャビネットを用いて調整を行います。
院内汚染を最小限にとどめるために閉鎖式器具による調整も行っています。

錠剤自動分包機
錠剤自動分包機
散剤秤量監査システム
散剤秤量監査システム
安全キャビネット
安全キャビネット

病棟活動・服薬管理指導

病棟ごとに薬剤師を常駐、担当させることで医薬品の安全かつ有効的な薬物治療を支援します。

主な業務内容

  • 持参薬の確認、電子カルテ入力、持参薬の継続・中止の必要性の立案
  • 使用薬剤 (内服・注射薬) の適正使用 (有効性・安全性) の確認と相互作用の確認
  • 使用薬剤の効果・副作用のモニタリング
  • 新規導入薬剤の患者指導、退院時の服薬指導
  • 医師・看護師と共に回診への参加 (外科担当 月~金曜日)
  • 医師・看護師と共にカンファレンスへの参加 (内科担当 毎週火曜日)
  • TDM (抗MRSA薬・アミノグリコシド系抗菌薬 など)
安全キャビネット

医薬品情報管理

医薬品の情報を薬剤科にて収集・管理することで、日々更新される新しい情報を迅速に院内全体に周知しています。また医師をはじめとする医療スタッフからの医薬品の質問に対しても迅速に対応しています。

院内製剤

市販されていない医薬品を病院内で作成します。
院内製剤を作成する際、安全性の評価と作成の必要性の検討を十分に行っています。

チーム医療・委員会への参加

医療の進歩がめざましい今日において、医療の質を高め患者さんにより良い医療を提供するには様々な専門職がチームを作り、各々の専門性を生かして患者さんの治療にあたることが必要です。
当院の薬剤師も薬の専門家としてチーム医療に積極的に参加しています。

薬剤師の参加している主なチーム・委員会と薬剤師の主な役割

  • 化学療法委員会
    ・がん化学療法のレジメンの管理、対象患者への妥当性の評価
    ・レジメンのセット作成 (制吐剤など支持療法の検討を含む)
  • 感染対策チーム(ICT)
    ・他職種と共に院内感染の発生状況の調査と評価
    ・院内ラウンドへの参加
  • 抗菌薬適正使用支援チーム(AST)
    ・1年ごとにアンチバイオグラムの作成と評価
    ・院内での抗菌薬適正使用マニュアルの作成
    ・院内での抗菌薬使用量の定期的な調査
    ・医師やスタッフからの抗菌薬治療の相談
  • 栄養サポートチーム(NST)
    ・院内での栄養管理の啓蒙活動 (院内勉強会での講師)
    ・ミーティング、回診などへの参加
  • がんリハビリテーションチーム
    ・がん化学療法施行患者のリハビリ介入時の薬学的サポート