部門紹介薬剤科

薬剤師募集

私たち薬剤科では、主に入院患者さんの薬物治療全般に携わっています。
医師や他の職種と協力し、チーム医療の一端を担っています。
いくつかの業務について紹介します。

調剤業務

処方箋に基づき、薬の調剤を行います。
薬を棚から出して袋に入れるだけではなく、まずは処方箋をよく見て内容や量が適切かどうかを判断します。他に服用している薬がある場合は薬剤間の相互作用に問題がないかを調べます。薬を1回分ずつ分包するなど、患者さんが飲み忘れや飲み間違いをしないような工夫もしています。

注射調剤

注射箋に基づき、点滴・注射薬を患者さんごとに取り揃え病棟へと払い出しています。
注射薬は作用の異なる複数の薬剤を混合して投与することが多いですが、ここでも薬剤師のチェックが大切です。薬剤を混合することで化学反応を起こし薬効が失われてしまうこともあるのです。また点滴速度や投与経路のチェックも欠かせません。

抗がん剤混注

私たち調製者の抗がん剤暴露予防と無菌調製を行うために安全キャビネットという装置を使用し抗がん剤調製を行っています。安全かつ迅速に、なるべく患者さんをお待たせしないよう努力しています。

医薬品情報管理

医薬品の情報を薬局にて収集・管理することで、医師や看護師からの質問や、患者さんからの疑問に正確かつ迅速に答えられるようにしています。
医薬品の情報は日々変化するものであり、新鮮な情報を入手し患者さんの薬物治療が安全に行えるよう努力しています。

服薬指導

私たち薬剤師は患者さんと直接接する機会が少ないと感じていました。私たちは時間の許す限り患者さんの元を訪れ、信頼関係を大切にし、共に病気と闘う仲間と認めてもらえるよう努力しています。患者さんとの何気ない会話の中から、薬剤の副作用症状を発見することもあり、私たちにとってとてもやりがいを感じる業務です。

その他にも各種委員会への参加や、自己注射手技の指導等も行っています。今後、より充実したチーム医療を行うために、これまで以上に様々な業務に関わっていきたいと思っています。