部門紹介リハビリテーション科

超高齢社会を迎えた現代社会において、生活支援の中核的な存在であるリハビリテーションの必要性が高まっているなか、当院ではリハビリテーションが必要な患者さんに対し、早期より手厚いリハビリテーションを提供できる環境を整えています。
私達は、病院の理念である、『医学は科学』を元に、病態・身体機能を医学的に捉えて訓練に取り組めるよう日々努力しています。

理念

質の高いリハビリテーションの提供を目指し、技術・知識の研鑽に努める。

施設基準

リハビリテーション料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
  • がん患者リハビリテーション料

対象疾患

  • 呼吸器:気胸、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、無気肺、肺炎 他
  • 中枢神経疾患:脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、ALS他
  • 運動器:変形性関節症、骨折、脊椎損傷 他
  • 癌:肺癌・消化器癌の術後急性期から維持期、ターミナルケア 他
  • 廃用症候群:各疾患による身体機能低下

リハビリテーション科の特徴

リハビリテーション科は理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によって構成されています。
リハビリテーションの対象となる患者さんは入院・外来を問わず、それぞれの患者さんの病態に合わせ、個別にリハビリテーションを提供しています。医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によって構成されているがんリハビリテーションチームでは、症例検討や院内勉強会を開催し、がんの患者さんに対して質の高い治療やリハビリテーションが提供できるよう、連携を取りながら活動しています。
また、当院の往診を利用されている患者さんに対しては、ケアマネージャーと検討し、訪問リハビリテーションを行っています。同法人施設である介護老人保健施設アーネストにもリハビリテーションスタッフが勤務しており、退院後にアーネストへ入所・通所する患者さんの情報を、病院とアーネストのスタッフで共有することで、スムーズなリハビリテーションの移行を図っています。

理学療法

理学療法

理学療法は運動療法や機能訓練にて、身体機能・基本動作・日常生活動作能力の改善を図ります。脳卒中等の中枢神経疾患や整形外科疾患に対して、発症・受傷後早期からのリハビリテーションを行っています。また、当院は呼吸器に注力した病院であることから、呼吸器系疾患のリハビリテーションが多い事が特徴です。

作業療法

作業療法

作業療法は中枢神経疾患や上肢の整形外科疾患等の患者さんが「その人らしい」生活を送れるよう、日常生活動作訓練や作業活動を実施し、ライフスタイルに応じた援助を行います。専門的知識を生かし、高次脳機能障害や認知症等の評価・援助も行います。

言語聴覚療法

言語聴覚療法

言語聴覚療法は失語症や高次脳機能障害、構音障害、嚥下障害が対象となります。これらの中でも特に嚥下障害へ対するリハビリテーションが特に多く、患者さんの状態によっては嚥下造影検査や嚥下内視鏡検査を実施し、訓練方法の決定や食事の形態、食事姿勢の検討を行います。

外来リハビリテーション受付時間(予約制)

月~土
(祝祭日、年末年始除く)
8:00~12:00
13:00~16:30