部門紹介リハビリテーション科

超高齢社会を迎えた現代社会において、生活支援の中核的な存在である
リハビリテーションの必要性が高まっているなか、当院ではリハビリテーションが
必要な患者さんに対し、早期より手厚いリハビリテーションを提供できる環境を
整えています。私達は、病院の理念である、『医学は科学』を元に、
病態・身体機能を医学的に捉えて訓練に取り組めるよう日々努力しています。

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

対象疾患

  • 呼吸器:気胸、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、無気肺、肺炎 他
  • 中枢神経疾患:脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、ALS他
  • 運動器:変形性関節症、骨折、脊椎損傷 他
  • 癌:肺癌・消化器癌の術後急性期から維持期、ターミナルケア 他
  • 廃用症候群:各疾患による身体機能低下

リハビリテーション科の特徴

訓練は、個別訓練を実施しています。入院時のフォローはもちろんのこと、退院後の外来リハビリテーションや訪問リハビリテーションも実施しています。介護老人保健施設アーネストも併設され、病院でのリハビリテーション終了後も、患者さんと長期的に関わることができます。

呼吸器に注力した病院のため、理学療法士は呼吸器疾患が中心です。

作業療法士は、中枢神経疾患を中心に、「自分らしい」生活が送れるよう日常生活動作訓練を実施しています。

言語聴覚士は、摂食嚥下訓練や高次脳機能障害が中心であり、嚥下造影検査も積極的に実施しています。

3部門がチームとして連携をはかり、訓練を進めていきます。また、病棟のカンファレンスにも参加し、患者さんの情報を他科と共有し、最善な支援方法を検討しています。
2016年6月にリハビリテーション室・言語療法室が拡大し、作業療法室も設立しました。新施設の立ち上げと共に、さらなる充実を迎えています。