診療科紹介消化器内科

食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管疾患に対するレントゲン検査、内視鏡検査、肝臓、胆道(胆嚢、胆管)、膵臓疾患に対して超音波検査、X線CT検査により診断、治療を行っています。

主に行っている検査、治療

  • 出血性胃、十二指腸潰瘍に対する内視鏡的止血術
  • 食道静脈瘤破裂に対するまたは破裂予防の為の内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)
  • 胃腺腫、大腸ポリープに対する内視鏡的切除術(EMR)
  • 胆管結石に対する内視鏡的治療
  • 肝細胞癌に対する経カテーテル的動脈塞栓術(TAE)
  • ラジオ波焼灼療法(RFA)
  • 閉塞性黄疸に対する内視鏡的または経皮的減黄術(ERBD、PTBD)

その他

  • 大腸CT(CTC):大腸腫瘍性病変のスクリーニング検査法として苦痛なく行える
  • 炎症性腸疾患(主として潰瘍性大腸炎)の治療
  • ヘリコバクターピロリ除菌療法
  • B型肝炎、C型肝炎に対する抗ウイルス治療(インターフェロン療法など)