チーム医療抗菌薬適正使用支援チーム(AST)

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)の役割と目的

ASTとは(Antimicrobial Stewardship Team)の略称で、感染症の治療の効果を上げ、耐性菌を減らすことを目的に抗菌薬適正使用を支援する役割があります。
医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師など様々な職種が集まり、感染制御室と連携し、病院全体の感染対策活動に従事しています。

主な活動内容

  • 臨床医からの感染症例の治療相談・病棟回診
  • アンチバイオグラムの作成
  • 抗菌薬の処方後の適正使用に関する評価をフィードバック
  • 病院内で検出された細菌などの抗菌薬耐性化の調査
  • 抗菌薬使用量の定期的な調査を使用量の多い抗菌薬の制限
  • 抗菌薬に関する院内マニュアルの作成
抗菌薬適正使用支援