チーム医療がんリハビリテーションチーム

がんリハビリテーションチームとは?

当院では、がん治療に対して手術を選択される方の場合、手術前から予防的なリハビリを行い、術後早期から積極的に介入をすることで早期回復・退院を目指しています。また、緩和的な時期のがん患者さんに対しては、個々の要望に応じたリハビリを行い日常生活の支援をしています。
当院のがんリハビリテーションチーム(以下がんリハチーム)は、2019年より始まり、がん患者さんに対して多職種が連携し、最善のチーム医療を患者さんに提供出来るように目指しています。

役割

  • 新しい知識習得のために、勉強会の開催や外部の研修会へ参加し、またチーム以外のスタッフへ研修会の参加を促すことで、がんに対する新しい知識の習得を目標とする。
  • 症例検討やカンファレンスを行うことで、多種職の情報共有機会を増やしチーム医療の最善化を図る。

主な活動内容

  • 症例検討を行い、がんに対する治療データの蓄積と多職種の理解を深め、がん患者さんに対して質の高いチーム医療を提供する事を目指す。
  • がんに関連した勉強会を開催し、当院全体のがんに対する知識のさらなる向上を図る。

チーム構成

医師 1名
看護師 2名
薬剤師 1名
理学療法士 2名
作業療法士 1名
言語聴覚士 1名
がんリハビリテーションチーム