チーム医療感染対策チーム(ICT)

病院に関わる患者、家族、面会者、職員を含め病院内のすべての方への感染を予防するため、より安全な医療を提供できるように活動しています。

感染対策チーム(ICT)の役割と目的

ICTとはインフェクションコントロールチーム(Infection Control Team)の略称で、院内で起こる様々な感染症から患者、家族、職員の安全を守るために活動を行う組織です。
医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、リハビリ、事務など様々な職種が集まり、病院全体の感染対策活動に従事しています。

主な活動内容

  • 院内感染症サーベイランスと評価
    感染症の発生状況、抗菌薬使用状況、院内検出病原体など情報共有や協議しています。
  • 院内ラウンド
    ICTメンバーにて1回/週院内ラウンドを実施し現場の感染管理状況や監視、指導、相談などを行っています。
  • 感染対策教育の実施
    2回以上/年 病院全体職員に対し感染管理教育研修を開催しています。
  • 感染対策マニュアルの作成と改訂
  • 抗菌薬適正使用チームと共同で抗菌薬の適正使用の推進活動
  • 地域医療施設との連携
    4回/年 地域医療施設と感染に関する合同カンファレンスに参加しています。

医療の質を高めるためには、様々な医療の専門職が集まり、各々の専門性をいかして患者さんの治療にあたることが重要となります。
より良い医療現場の実現と患者さんの有益となるような医療を提供するために、当院ではNST以外でもチーム医療を推進しています。